ごあいさつと自己紹介

はじめまして。

こちらをご覧くださりありがとうございます。

アスペルガーでADHDで悪性リンパ腫でアクセサリーや雑貨を作ってるはむ改めさちです。

(※以前はむというあだ名でやっていましたが、名前を載せることにしました)

 

このブログは、

悪性リンパ腫の再発におびえる

受け身型アスペルガーを主にした多動よりADHDが入った発達障害(自閉症スペクトラム)による

情緒不安定さ、コミュ力(←って言葉嫌いだけど)、当たり前のことができない

紙や植物、レジンなどを使ったアクセサリーや雑貨を作る

はむによる発達障害改善&がん再発防止&アクセサリー制作の記録です。

 

糖質制限(ローカーボ)やビタミンC点滴、サプリメントなど人によっては偏った方法と感じるかもしれませんが、

自分が調べて納得いったものをやってます。

やるなら徹底的に調べて中途半端はやらずに、その都度色々意見を聞きながらやってます。

気になったことはすべて聞くようにしました。

本を読んで興味を持った人には直接会いに行き意見を聞いて実行しています。

興味ある人は発達改善や再発防止の中の一つの方法としてみてください。

言われたことをそのままやるではなく、当たり前だけど自分で勉強して納得したものをやるのが一番だと思ってます。

自分に興味持ってやるとちょっと楽しくなる気がします。

 

がんとか言われた時はアラサーでガンなんなんて経験したらもっと作品がいいもの作れるかもしれない!なんて思ってたけど

そんな作る余裕なんてありませんでした。それでも作るのがアーティストなのか??とか思ってたけどそんなのどうでも良くなりました。

大好きな漫画も読めないし、本も読めない、テレビのただ流れるものを見るのも苦痛でした(病院は他にすることがない世界はベットの中だけ。携帯はチカチカして見てられないし。パソコンも触るのしんどいし)

小説1行読んでその言葉の意味が理解できないんですよ。(抗ガン剤とかの影響だと思われる)

何回も同じところを読んでも意味がわかんないんですよ。本当に頭おかしくなったと思いました。

携帯が見れるようになった時、闘病してた人とかのブログいろいろ見ました。

四コマとかで面白おかしく書いてる人とか神か!って感じで夜中寝れずに布団に潜ってずっと読んでました。

それでこのサイトを始めたのですが、あんまりその時のこと思い出すのがまだ嫌みたいであまり書いてません。(アスペルガー特有の過去を鮮明にさっき起きたかのように蘇るというやつが出てる)

なのでまずは、現在進行でやっているがんの再発防止そして、発達障害改善のための実践していることを記録することにしました。

 

なので同じように再発が怖いと思ってる人や

発達障害でどうしようもなくなってる人とか

選択の一つや、参考にこんなのもあるんだとか、こんな自分と似た奴がいるとかの生きるちょっとした時間つぶしになれば幸いです。

 

糖質制限とか自分の肉体のこととか食べるものとか勉強し出したらちょっと楽しくなってきました。

先がどれだけ続くかなんてわからないけど今できる目の前のことをやろうと思ってます。

 

↓さちのプロフィールです。

まとめて書いたらごちゃごちゃだったので

発達障害関係と悪性リンパ腫関係とasobigami+ToKiのものづくり関係を別々で経歴まとめてみました。

 

 

発達障害に関してのプロフィール

幼少時は幼稚園などでは挨拶以外ほとんど声を発しない

小5~中2まで4年間の引きこもりで不登校。そんな中一日中、絵を描き同人誌即売会などに出店。

カウンセリングなどに通うも心開かず。

中3から高校で勉強をしたいという目的のため突然学校に通いだす。

ここではほとんど声を発さず。場面緘黙症のようなものだったと思われる。(未診断)

高校時は、検定など複数とり試験などでは学年1番になる。しかしコミュ症だからそんなの意味がないと思っていた。

社会に必要なのは話せる人間だけだという感じだったので自信も何もない。

機能不全家族。家庭崩壊。怒鳴り声のたえない毎日。

 

その後は就職やバイトをするも

工場で働くも昼休みが辛すぎて車に引きこもり

バイトではお客さんの少ないレジ打ちだったにも関わらず1日6h労働後、頭が痛くなる。

その後やはりデザインをやりたいと思い親と大ゲンカからの専門学校と22歳頃デザイン事務所へ。

そこでワーカホリックに。

徹夜や土日なくなるのは当たり前。それでも一番辛かったのはプレゼンや朝の3分間スピーチ

最初に決めた3年間をやり切りやめる。

上記のことを辛いと認識していなかった。

 

その後、紙が好きだと気付き雑貨やアクセサリーなど作りイベント出店などするうちに、

インディゴチルドレンや知りスピリチュアやパーティ音楽にも興味を持つ。(それまでは音はうるさいだけのものだった)

インディゴチルドレンを調べるうちにアスペルガーや発達障害というものを知る。

 

そして2017年10月に、本を書いている人に直接会いに行き(発達障害が適正に判断できるところはまだまだ少ない)

受け身型アスペルガー多動よりのADHDと言われる。

ローカーボや糖質制限、運動などがアスペ改善、情緒安定にいいと知り勉強を始める。

 

↓そして現在、ローカーボや糖質制限、高濃度ビタミンC点滴、体癖など発達障害の情緒の安定や改善ができるかを人体実験として行なっている。

 

 

 

悪性リンパ腫に関してのプロフィール

2016年12月ワーキングホリデーでオーストラリアにいる時に野外のパーティで喉をやられ声が出なくなる。

2017年1月オーストラリアにて通訳越しに腫瘤があると診断、検査。

そして緊急帰国し、悪性リンパ腫と言う血液ガンのひとつと診断される。

縦隔原発大細胞型B細胞性リンパ腫のステージ2Xと診断された。(aでもbでもないのはX(エックス)は大きいという意味です)

2017年1月~7月抗ガン剤と放射線治療のため入退院を繰り返す

情緒不安定と鬱が悪化し、人とほとんど会わず。

2017年10月は数年前からずっと行きたかった人の発達障害セッションへ行き、

そこでガンの再発防止には糖質制限とビタミンCもいいと知り勉強を始める。

 

↓そして現在、ローカーボや糖質制限、高濃度ビタミンC点滴などのガン再発防止対策を人体実験として行なっている。

 

 

 

ToKi+asobigamiのものづくりに関してのプロフィール

幼少時は他の子と違う絵の描き方をしていたらしい。

小中学生時は絵を一日中描き、親を感心(呆れ?)させる。

同人便箋などを作りコンビニコピーから印刷会社に発注、同人誌即売会なども全て一人で調べ出店。

この頃人気雑誌り○んなどに漫画を投稿。

 

20歳を過ぎてから雑貨屋を全て一人でやりたいと思い、

グラフィックデザインの学校へ行き、デザイン事務所で3年間働く。

 

その後旅行で行った韓国で韓国の韓紙という紙に出会い心奪われる。そして日本で韓紙技法を編み出した弟子の方に基礎を学ぶ

2012前半~ 韓紙の雑貨やオリジナルの技法で韓紙アクセサリーを作り始める。

2012後半~ asobigami (あそびがみ)という名前で、東京や東海地方を中心に神社や手創り市、クラブ、フェスなどのイベントで出店

2013前半~ お店で委託販売などをさせてもらう。

2014年頃~ クラブやイベントのデコレーションを始める。

2015年~ 個展や二人展を行う。

2015年11月~ ワーホリでオーストラリアへ。路上販売やイベント出店、委託販売、オーダー販売などをする。

2017年10月~ 新たにToKiとしてレジンを使ったアクセリーを作りを始める

 

↓そして現在、asobigami>新たにレジンを使ったアクセリー <ToKi> のネット販売を始める。

<ToKi>

Creema https://www.creema.jp/c/toki-hamu/item/onsale

minne https://minne.com/@toki-mi

 

 

asobigami>

Facebook  asobigamiページ

https://www.facebook.com/Asobigami/

※現在はネット販売はしていませんので、

販売などにつきましてはこちらのFacebookのasobigamiページ よりお知らせいたします。